東京で評判の不動産買取業者ランキング!口コミで人気の業者を厳選しました。

信頼できる?不動産を任せられる営業マンを見極めよう

公開日:2021/12/15  最終更新日:2021/11/29


不動産を売却する際、不動産会社選び以上に大切になるのが、どのような営業マンに担当してもらうかです。豊富な実績と充実したサービスを提供してくれる不動産会社であったとしても、信頼できる営業マンでなければ、満足のいく売却はできません。そこで今回は、信頼して不動産を任せられる営業マンの見極め方を解説します。

資格・知識が豊富な営業マン

不動産会社の営業マンにまず求められるのは、やはり不動産に関する豊富な知識でしょう。人柄がいくらよくても、不動産の知識が乏しい営業マンには安心してお任せできません。では、具体的にどのような知識や資格があればよいのでしょうか?1つずつ、みていきましょう。

瑕疵保険、インスペクション、住宅履歴に関する知識

不動産を売りやすくするためには、瑕疵保険、インスペクション、住宅履歴に関する知識を駆使して、買主の不安を取り除いていくことが重要です。中古住宅の場合、買主は「買った後にトラブルが発生するかもしれない」といった不安を抱えています。そのため、営業マンは、「どのような構造の住宅なのか」「どのような人が住んでいたのか」「修理した箇所はあるのか」などを買主にわかりやすく説明できる知識が必要になってきます。

基本的な税金の知識

税制をしっかり理解している営業マンであれば、税金面で有利になるような提案をしてくれるようです。少なくとも、「売却にあたりどれくらいの税金がかかるのか」「税金控除などはあるのか」などの基本的な税金の知識は持っていてほしいものです。

宅地建物取引士の資格

不動産業界の基本的な資格として知られる「宅地建物取引士」は、不動産契約締結の際、重要事項の説明を行うために必要な資格です。不動産会社の中で、5人に1人の割合でこの資格を持っていればよいので、営業マンになるために絶対必要な資格というわけではありません。

しかし、不動産業にかかわる者としては、とても重要な資格であり、その営業マンが仕事に真摯に向き合っているという表れでもあります。さらに、ファイナンシャルプランナーや住宅ローンアドバイザーなどの資格も持っている営業マンであれば、相談できる事柄も増え、心強いでしょう。

親身に対応してくれる

信頼できる営業マンには、豊富な知識が必要と前述しましたが、顧客目線で親身に対応してくれるかも大事なポイントとなってきます。とくに、不動産売却はタイミングが重要なので、会社や自分の利益ばかりを優先するのではなく、顧客にとって最適なタイミングで対応してくれるかが見極めのポイントになります。

むやみに売り急がない

不動産には、“売り時というものがあるようです。同じ物件でも、売却するタイミングによっては高値が付くことがあるのです。たとえば、「近所に同じ間取りで条件の似た売り出し物件があるので、そこが売れるまでは待った方がいい」など、的確なアドバイスをくれる営業マンは、顧客目線で親身な対応をしてくれているでしょう。

それとは逆に、「今が売り時」「すぐに売却した方がよい」などと、むやみにすすめてくる営業マンには、その根拠をしっかり説明してもらいましょう。

物件調査や連絡に対する対応が早い

不動産購入を検討している人からの問い合わせに対して、営業マンがスピーディーに対応してくれるかも重要です。回答に時間がかかってしまうと、印象もよくないうえ、買主が他の物件に興味を持ってしまうかもしれません。何事にも事前調査や情報収集を怠らず、速やかな対応ができる営業マンかどうかを見極める必要があるでしょう。

物件のメリット・デメリットの説明がきちんとできる

信頼できる営業マンは、売主だけでなく買主にも親身に対応するため、物件のデメリットを隠しません。もちろんメリットを積極的にアピールしたうえで、デメリットについてもさりげなく説明し、後のトラブルを防ぎます。物件に対する調査をしっかり行い、知識と情報がある営業マンであれば、メリットとデメリットをバランスよく説明できるので、買主も安心して不動産購入できるでしょう。

大きな財産を手放すからこそ信頼できる人に任せたい!

大きな財産である不動産を手放すのは、とても不安なことです。時には、売却せずに賃貸に出した方がよいというケースもあり、本当に売却してしまってよいのだろうかと悩んでしまうこともあるでしょう。

しかし、本当に信頼のできる営業マンであれば、利益だけを優先せず、しっかりと相談に乗ってくれます。さまざまなケースを比較検討したうえで、この営業マンであれば信頼できると感じたら、売却をお任せしてみるとよいかもしれません。

まとめ

今回は、信頼して不動産を任せられる営業マンの見極め方をまとめてきました。信頼できる営業マンは、とにかく不動産に関する知識や資格を豊富に持っています。また、会社の利益や自分の成績だけを優先するのではなく、顧客目線で親身に対応してくれます。そして、不動産売却はタイミングが命です。適切なタイミングでスピーディーに動ける営業マンかどうかを見極めることが、不動産売却を成功させるカギとなるでしょう。

おすすめ関連記事

SEARCH

新着記事

確定申告といえば、個人事業主がするものというイメージを持っている方も多いかもしれません。しかし、土地や建物などの不動産を売却したときも確定申告が必要になることがあります。どういったときに確定
続きを読む
商号 Athletic株式会社 本社所在地 〒113-0033 東京都文京区本郷2-10-9 冨士ビル3階 電話/FAX 03-5840-6664/03-5840-6665 創業 不明 事
続きを読む
不動産を売却するときにはさまざまな手続きがあり、それに伴い費用や税金も発生します。そのなかでも「登記」は代表的なものの一つで、一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。登記費用はいくらく
続きを読む