東京で評判の不動産買取業者ランキング!口コミで人気の業者を厳選しました。

複数査定は大事!会社によって査定額が変わるのはなぜ?

公開日:2022/03/15  最終更新日:2022/03/07

不動産の売却を考えている際に、複数の不動産会社に査定の依頼をすることがあるかと思います。相場を把握するうえでも有効な方法ではあるのですが、不動産会社によって査定額に差があり、不思議に思われた方も多いのではないでしょうか。なぜ査定額が異なるのか、その理由や、気をつけたいポイントをご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

査定額に差が出る理由

不動産会社によって査定額が異なる理由にはさまざまなことが考えられ、主なものとして以下のようなことがあります。

参考にしているものが違う

不動産会社の査定額は会社が主観的に判断するのではなく、公益財団法人「不動産流通推進センター」が作成した「価格査定マニュアル」、基準地価や路線価などの地価データ、過去の類似物件の販売事例、などを参考にしながら算出することが一般的です。

会社によって参考にするものが違うということが査定額の違いに反映されていると考えられます。また、面積や築年数など、条件がすべて同じ物件はなく、類似している販売事例が少ない場合など、会社がそれぞれの判断で査定したときにも違いは生じやすいでしょう。

得意分野が違う

不動産会社にも得意分野というものがあります。建物の種別や立地など、得意分野が違えば見るポイントも変わることがあり、その違いが査定額に表れていると思われます。得意な地域では販売事例も多いと考えられ、査定額も算出しやすいでしょう。買い手を見つける可能性を持ち合わせている場合は、査定額を高めにすることも考えられます。

査定額が高い会社を選べばよいのか

複数の会社の査定額を比較したとき、価格の高い会社を選びたくなりますよね。しかし、査定額はあくまでも目安であり、必ずしも実際の販売価格を保証するものではないため、価格だけで不動産会社を選ぶことは注意が必要です。

なぜなら、契約を結ぶためにあえて高い価格を提示していることも考えられるからです。相場よりも高い価格の不動産はなかなか売れにくいので、徐々に価格を下げざるをえなくなる可能性も出てくるかもしれません。反対に、経費等がかからないように早めの売却を考え、あらかじめ低い査定額を提示していることもあります。

査定額の算出方法や根拠など、査定額について気になることがある場合は、不動産会社にどんどん聞いてみましょう。その際に返答を明確にできない場合は、その会社は避けたほうが賢明かもしれません。査定額は参考程度に考え、信頼できる会社を慎重に検討することが大切です。

実際の売却額と査定額が異なることもある!?

査定額の通りに不動産が売却できると思う方もいるかもしれませんが、先に述べたように、売却額と査定額が異なることはあまり珍しいことではありません。査定額には、さまざまなデータから出した価格に加え、不動産会社の意向が反映されることも多いため、相場との違いが出てしまうことも要因の一つでしょう。

また、査定価格は一般的に「3か月程度での売却」を見込んで算出されているものなので、実際に売却する時期とずれが生じると、不動産売買の「繁忙期」や「閑散期」といったタイミングが変わってしまうことも考えられ、価格に影響する可能性もあります。査定を依頼する時期は、そのことも念頭に入れて決めましょう。

最終的には、売主自身が売却額を決めることができるので、各社の査定額を参考に、売却理由や状況などを考慮して決定することが重要です。もちろん、売却途中で価格を調整することもできます。

複数査定を依頼する際は慎重に!

複数の不動産会社に査定を依頼するのは不動産会社を選ぶ手段としてもよいのですが、あまり多くの会社に声をかけると、かえって迷ってしまうこともあるので、注意が必要です。

インターネットで手軽に複数の不動産会社に依頼できる「一括査定サービス」も普及しており、利用する方も増えていますが、サイトに加盟している会社のみなので、地域密着型の小さな不動産会社などは入っていない可能性もあります。依頼したい場合は、個別に電話などで問い合わせてみてもいいでしょう。

また、サービスを利用するには電話番号やメールアドレスを入力する必要があるため、査定依頼した会社から電話やメールでの営業活動があることも考えられます。あまりにしつこいときや、煩わしく感じる場合は、サイトの運営会社に連絡してみるのもいいでしょう。査定依頼の際に「連絡はメールで」と記載するのも有効かもしれません。

 

不動産の査定は売却を考える際の第一歩として必要なことですが、不動産会社によって査定方法や目的もさまざまなので、相場を把握するための参考程度として、価格のみに振り回されることがないよう注意しましょう。査定価格の説明や、営業担当者の対応などを踏まえ、信頼できると感じた不動産会社なら、きっと心強い存在となってくれるでしょう。

おすすめ関連記事

SEARCH

新着記事

確定申告といえば、個人事業主がするものというイメージを持っている方も多いかもしれません。しかし、土地や建物などの不動産を売却したときも確定申告が必要になることがあります。どういったときに確定
続きを読む
商号 Athletic株式会社 本社所在地 〒113-0033 東京都文京区本郷2-10-9 冨士ビル3階 電話/FAX 03-5840-6664/03-5840-6665 創業 不明 事
続きを読む
不動産を売却するときにはさまざまな手続きがあり、それに伴い費用や税金も発生します。そのなかでも「登記」は代表的なものの一つで、一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。登記費用はいくらく
続きを読む