東京で評判の不動産買取業者ランキング!口コミで人気の業者を厳選しました。

不動産会社に相談する前に!自力で土地の相場を調べる方法

公開日:2022/01/15  最終更新日:2022/03/04


不動産の売却や買い替えを検討し始めたら、土地の相場が気になりますよね。大切な不動産、少しでも高く売りたいものです。そのためにも不動産会社に相談する前に自力で土地の相場をリサーチし、売却価格を見極めましょう。今回は土地の相場を自力で調べる方法について紹介します。ぜひ活用してみてください。

不動産の相場を自力で調べる方法

不動産の相場を自力で調べる方法を紹介します。リサーチする方法は主に3つです。

(1)実際の売買取引価格から不動産相場を調べる方法
(2)不動産会社の物件情報を調べる方法
(3)公的機関が調査した地価から不動産相場を調べる方法

1実際の売買取引価格から不動産相場を調べる方法

活用できるWebサイトに『レインズマーケットインフォメーション』と『土地総合情報システム』の2つがあります。『レインズマーケットインフォメーション』は、不動産会社から収集した取引データをもとにした実際の取引価格が調べられます。日本全国の取引情報を地域別に調べられ、条件を指定すると平米単価・間取り・築年数などの情報を一覧で表示することもできるようです。

さらに、過去2年間の市場動向がグラフ表示で閲覧できるため、価格の推移を知ることができるのもうれしいポイントです。このグラフを参考に売却タイミングを見極めることもできます。ただし、検索できる物件の種類としてマンションや戸建てについてはリサーチできますが、土地のみの取引価格の情報はないので注意してください。

対して『土地総合情報システム』は不動産取引を行った人を対象としたアンケート結果をもとにした実際の取引価格が調べられます。マンションや戸建てだけでなく農地や土地の取引価格も調べられるのが特徴です。データ量としては『レインズマーケットインフォメーション』が優れており、更新される頻度も高いです。

基本的に『レインズマーケットインフォメーション』を活用し、情報量が不充分だと感じた際には『土地総合情報システム』を補足的に活用することをおすすめします。

2不動産会社の物件情報を調べる方法

不動産の相場を調べる方法として、不動産をこれから購入する人向けの物件情報も参考になります。現在売り出し中の類似物件情報から、よりリアルな相場価格がわかりますよ。

ただし、売り出し価格と実際の取引価格にはズレがあるので注意が必要です。売り出し価格は不動産オーナーが希望する価格、取引価格は実際に売買が成約する際の価格です。そのため、値下げ交渉などによって売り出し価格よりも取引価格の方が安くなることもあります。

また、不動産会社によって査定結果は異なるため、大手不動産会社から地域密着型の不動産会社までさまざまな不動産会社での検索結果を参照することをおすすめします。

3公的機関の調査した地価から不動産相場を調べる方法

国土交通省や都道府県などの公的機関が決まった地点の地価を定点調査しているようです。対象はあらかじめ決められた一部の地点のみで、かつ1年に一度しか調査されないものですが、おおよその地価を知る方法として活用してみてもいいかもしれません。

■不動産相場を自力で調べる際のポイント

不動産相場を自力で調べる際のポイントは、似ている物件を探すことです。最寄り駅・築年数・広さなどの不動産の条件の近い物件がいくらで取引されているかを調べましょう。条件が似ているほど相場価格を正確に予測できます。不動産相場を検索しても事例が少なく相場がわかりづらい場合には、条件を少しずつ広げて検索してみてください。

相場を調べるのに信頼できるWebサイトの見分け方

■情報が頻繁に更新されるか

マーケット状況によって不動産価格は変動するため、情報が頻繁に更新されるサイトを選ぶことが大切です。新しい情報を参考にすることで、売却価格をより正確に予測できます。

また価格の推移を把握することで、最適な売却価格を見極めることもできるでしょう。『レインズマーケットインフォメーション』は直近一年間に売買された価格情報が検索できます。

■データ量は豊富か

地域によって地価は大きく異なるもの。なるべく蓄積されたデータ量が多く、対象エリアが全国区のサイトを選びましょう。また、サイトによって対象物件はマンション・戸建て・土地・農地などさまざまです。売却予定不動産に合わせて利用するサイトを選んでください。

■情報源が信頼できるか

情報源が公的機関や大手企業のものであれば信頼できるでしょう。たとえば、『レインズマーケットインフォメーション』は国土交通大臣指定の不動産流通機構が運営しており、『土地総合情報システム』は国土交通省が運営しています。

個人情報なしでも査定できる匿名査定の活用もおすすめ

売却するか検討している段階では、不動産会社に個人情報を知られたくないものですよね。売却できる価格を知ってから売るかどうかを決めたい人も多いでしょう。

そこで、個人情報を登録せずに査定できる匿名査定について紹介します。匿名査定とは、メールアドレスのみの登録で不動産査定を受けられるWebサービスです。不動産会社に個人情報を伝える必要がないため、売却を進める営業の電話などがかかってくる心配がありません。

ただし注意点として、匿名査定は査定価格の精度は劣ることが挙げられます。なぜなら、匿名査定は室内の状態や眺望や近隣の状況などの現地の情報を踏まえていない概算の査定価格となるためです。物件によっては実際に売却できる価格と大きく異なる可能性もあることを踏まえておきましょう。

匿名査定は、不動産相場を調べる際の参考材料の一つとして活用できる手軽な査定方法といえますが、実際に売却を進める場合には不動産会社に査定依頼するなど、状況に合わせて活用することをおすすめします。

 

大切な不動産。売却するか悩んだ際には、まずは相場を調べましょう。売却価格が高すぎるとなかなか買い手が見つからず、売却価格が低すぎると損をしてしまいます。そうならないためにも不動産会社に相談する前に土地の相場を自力で調べ、売却価格を見極めることが重要です。ネットで手軽に検索できる『レインズマーケットインフォメーション』や『土地総合情報システム』、個人情報を入力せずに活用できる匿名査定もあります。

おすすめ関連記事

SEARCH

新着記事

確定申告といえば、個人事業主がするものというイメージを持っている方も多いかもしれません。しかし、土地や建物などの不動産を売却したときも確定申告が必要になることがあります。どういったときに確定
続きを読む
商号 Athletic株式会社 本社所在地 〒113-0033 東京都文京区本郷2-10-9 冨士ビル3階 電話/FAX 03-5840-6664/03-5840-6665 創業 不明 事
続きを読む
不動産を売却するときにはさまざまな手続きがあり、それに伴い費用や税金も発生します。そのなかでも「登記」は代表的なものの一つで、一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。登記費用はいくらく
続きを読む